セ・ツ・ブ・ン 

2017/02/10
乱馬のキャラ(心の声)が完全崩壊しております。
詳しくは【次の投稿への注意…(NOシリアス)】をご一読下さい。
※ 一部 R-18の行為を連想させる描写があります ※

文庫バージョンの下に通常の横書きもございます。
個人的には縦書きの文庫verのほうがよりバカバカしさが増すと思うのですが、お好みでお楽しみ下さい。



《 10秒で分かる社会人編おさらい 》
乱馬くん……格闘界で活躍
あかねちゃん……老舗スポーツメーカーの広報として働くOL
まだ結婚はしておらず、二人の関係は世間に秘密です。



【 セ・ツ・ブ・ン 】



s1.png


s20.png


s3.png


s40.png


s5.png


s6.png


s77.png


s88.png


s99.png


s100.png


s113.png


s123.png


s133.png


s140.png





【 セ・ツ・ブ・ン 】



「あれ。そーいえば今日、節分か」

 遠征先のホテル……とは形容しがたい、なんだったら学生時代の合宿所のような食堂で一人につき一本配膳されているのは、やや緑がかりながらも黒々と光り輝く海苔巻きだった。
 いわゆる恵方巻と呼ばれる、その海苔巻き。
 食べやすいようにと一般的な太巻きに比べ若干細めに配慮がしてあるらしいが、その風貌たるや堂々としたものである。
 毎年この時期になると「元々は丸かぶり寿司の名称だった」とか「そもそも恵方巻の風習なんてものはなかった」だとかの恵方巻論争に加え、近年はコンビニ業界から聞こえてくるノルマと廃棄の嘆きも無視できない――が、ひとまず今は置いておこう。 
「よし、今年の方角は北北西だ! みんな、福が来るように願いながらしっかり食えよ!」
 くれぐれも途中で口を離したり残すんじゃねーぞと脅しとも取れる発言をしながら、トレーナーが食事開始の挨拶を簡単に済ます。
 が、わざわざそんなことを言われなくとも、午後からの訓練で背中とくっつくぐらいに腹が空いていたおれ。いただきますの挨拶もそこそこに、早速てらりと黒光りする海苔巻きに手を伸ばす。
 
(そういえばおれ、恵方巻って初めて挑戦するなぁ)
 
 思えば実家で豆はまいてもまかれても、その日の夕飯は特にいつもと変わりない通常のおかずが並んでいた。
 
(確か……恵方巻は決まった方角を向いて喋らず一本食い終わると願いが叶う、だったっけ)
 
 おれはあらかじめ茶で喉を潤すと、いざ勝負と言わんばかりに口を開けて海苔巻きにかぶりつく。
 思い返せば昔はしょっちゅう親父とおかずの取り合いで小競り合いを繰り広げてきたもので。
 誰の邪魔も心配せず独り占め出来るなんて、こんな贅沢な食い方は初めてかもしれないと思いつつ、三口ほど食べ進めた後でおれは早くも恵方巻の壁にぶつかった。
 
(く……っ! まさか、こんなにも密集した米の圧が手強いとは……っ)
 
 どうやら食堂のおばちゃんが必要以上の大サービスをしてくれたらしい。
 みちみちに圧縮され、まるで押し寿司のようになった海苔巻きがおれの行く手を阻んでくる。
 ついでにこの長さだ。
 二十センチ近くはあろうかという弾力ぶるるんの海苔巻きがおれの喉奥を圧迫し、一瞬えずきそうになるもそんな行儀の悪い真似は出来ない。
 
(これはなかなか手強いぜ……っ)

 ――福が来るように願いながらしっかり食えよ!

 トレーナーの手前上 途中で食うのを止めるわけにもいかず、咽頭への圧迫感と顎に掛かるだるさを感じながら、ふと頭を過ぎったのは一つだけ。

(あかね……今頃どうしてるかな…………)
 
 おれは喉に張り付く海苔巻きと格闘しながら、いつしかあかねのことを思い出していた。
 
 *
 
「どうしたの?遠征先から電話だなんてめずらしい」
 その晩、気が付くとおれはあかねに電話していた。
 普段はあかねの声を聴くとますます会いたくなってしまうことから、遠征先からは極力電話などしないおれ。
 そんなおれからの電話にあかねは戸惑いつつ、どこか嬉しそうな声を出す。
「突然どうしたの?」だなんて、そんなのおれにだってわからない。
 ただ、海苔巻きを食ってたらあかねの声が聴きたくなった。それだけだ。
 だが、もちろんそんなことを素直に言えないおれは「別に」と誤魔化すと、適当な話題を見つけたように節分の話をする。
 そう、あの夕飯の太巻きだ。
 
「なあ。そういえば今日は節分って知ってたか?」
「うん。さっきお父さん達と一緒に、庭で豆まきしたところ」
「そっか」
 
 かすみさんが東風先生と結婚してなびきも家を出た今、あの広い家にはあかねとおじさん、それにおれの両親とおれが住んでいる。
 四六時中誰かが入れ代わり立ち代わりやって来た高校時代に比べると実家の暮らしも随分落ち着いたように感じるが、こうした行事を一つ一つ大切にするのが何ともおじさんらしい気がした。
 そんなほっこりした気分の中、あかねがタイムリーな単語を口にする。

「そうそう、そう言えば今年は恵方巻に初挑戦しちゃった」
「へ? 恵方巻?」
「うん。乱馬も知ってる? 途中で止まらずに最後まで食べきると願いが叶うっていう海苔巻きの」
「ああ、おれの今日の夕飯もそれだった」
「すごい。やっぱり世間では流行ってるのかしらね」
 
 どうやらテレビで恵方巻の特集を観たおふくろが「今年こそは!」と腕を振るって作ったらしい。
 さしずめ実家の食卓にも流行の波がやって来たというところか。
 おれは何の気なしに聞いてみる。
 
「で、どうだった? 初めての恵方巻は」
「うん。苦しかったぁ」
「だろーな」
 
 おれだって息苦しかったぜ。
 そもそも、なんであんな危険な食いもんが流行ってんだろうな。
 そう言いかけた時だった。
 
「だっておば様の作る恵方巻って、具沢山でもってりしてるんだもん」
 
 なるほど。
 サービス精神豊かなおふくろらしいな。
 
「ちょっと重たく感じるくらいぎゅうぎゅうでね」
 
 おいおい、おふくろ。
 どんだけ張りきって巻いたんだよ。
 
「ちゃんと両手で持ってないと海苔が裂けて弾けちゃうくらい危険なの」
 
 …………。
 えーっと。
 これは確か、海苔巻きの話…………だよな?
 
 具沢山でもってり……
 ぎゅうぎゅうで裂けちゃう…………。
 
 い、いや、確かにここ二週間ほどご無沙汰だからおれもぎゅうぎゅうっつーかドロドロっつーか、なんだったら今にも弾けちゃう寸前っつーか、えっとその。
 
 そこまで考え、ぶんぶんと首を横に振る。
 これは海苔巻きのっ!
 恵方巻の話なんだっ!
 何もおれの下半身にぶら下げた てらてら巻きの話ではない。あかねはそんなつもりなど毛頭ないはずだ。
 ましてや、おふくろの望む『男らしさ』を形にしただなんて、そんなことない。考え過ぎだ。
 そう。そんなこと、あるわけない。
 おれは若干の興奮を覚えつつ、なんとなくその先を言わせたくなって素知らぬ顔で話を続ける。
 
「ちゃんと握ってないとすぐたわんじゃうからお父さん達も苦労してた」
「そうか……」
 
 確かに親父達の年齢ならば、それもいた仕方ないのかもしれない。
 しかし安心しろ。
 おれは一度そうなったら、たわむことなく天を仰いでそそり立っているはずだ。
 決してそんなことであかねの手を煩わせたりしない……が、実際手の平の圧というのも重要で。
 やはり手を添えるというのは基本中の基本なのだろうか。
 
「ところで、あかねはちゃんと食い切ったのか?」
「え?」
「い、いや、だからな? おれ……じゃなかった、その恵方巻」
「当然。一年の福を祈ってちゃんと食べきったわよ」
「そ、そっか」

 これを俗に言う淫語プレイというのだろうか。
 もしかしたら今のおれは興奮で鼻息が荒くなっていたかもしれない。
 そんな小鼻がピクピク痙攣しそうな昂ぶりを感じ始めていることなど露知らず、真面目なあかねが「はぁ……」と意味ありげな溜め息を漏らす。

「苦しかったけど、でも途中でやめるわけにはいかないから……」
  
 そうだな。途中でやめたら、それはそれでやめられたほうも苦しくなるだけだからな。
 なんだったら途中で放棄したその後のあかねの保証は出来かねる。
 
「あ、でもおば様が具材にイカを巻いててね。それがちょっと手こずったかな」
  
 イ、イカだと……っ!?
 確かに一説によるとイカの匂いがどーたらこ―たらと聞いたことがあるが、あいにくおれはそれを口にしたことがないから分からない。分からないが、分からないなりにイカが含まれるだけで、いかんともしがたい困難があったことは充分うかがえた。
 
「イカか。それはちょっと手強そーだな」
「うん。それが喉に引っ掛かっちゃて……」
  
 …………すまない、あかね。
 何も無理に飲み込む必要はないと言えば、いつもあかねは「だって……」と口を押さえながら言うけれど、まさかこんな苦しい思いをさせているとは思わなかったおれは猛省する。
 それにしてもおふくろ、なんて高度な技をあかねに課すつもりだ。はたしてこれも新手の嫁修行なのだろうか。
  
「途中ね、具がポロポロ飛び出してきそうで……」
「そこはこらえどころだろ?」

 そう言いつつ、我慢しきれず口の端から溢れ出るのもまた一興。
 そんな邪な考えが頭を過ぎるおれの言葉に対し、どこまでも澄んだ声であかねが応える。
 
「そうよね。せっかくだし、もったいないものね」
「あかね……」
 
 もったいないだなんて。
 なんて健気なやつなんだ、あかねは。
 ああ、でもわかる気はする。
 おれだってあかねのあんなとこやこんなとこ、最後の一滴まで余すとこなく全て美味しくいただきたいと常々心掛けているだけに、その心意気は痛いほど理解できた。
 
「だから頑張って最後まで一本食べきったわよ」
「そっか。よく頑張ったな」
 
 おれだって。
 おれだって、中巻きから太巻きへの変化と豪語してしまうのは流石におこがましい気もするが、少なくとも貧相な細巻きを食べさせているつもりはない。
 
 ――頑張って最後まで終えることの尊さ。
 
 おれの頭の中に、かつて学生時代「大切なのはスピードじゃない。最後まで成し遂げられるかどうかだ」と熱弁をふるっていた教師の姿がよみがえる。 
 ああ、あれはきっとこのことを言っていたんだな。

 ――今はまだ分からなくてもいい。きっと大人になった時、この言葉の意味がわかるだろう。

 それが正にこのことだったなんて。
 おれは先生に「まいった」と感服すると共に、先を見据えた大人らしい発言に心の底から目一杯の賛辞を送りながら、あかねとの会話に再び意識を戻す。
 
「おれ……今日が節分だって知ってから、なんかあかねのことばっか考えてた」
「や、やだ。そんなめずらしいこと言うなんて乱馬ったらどうしたの?」
 
 毎回、こんな苦しい思いしてんのかなって。
 ごめんなって。
 でもやっぱり、気持ち良くて嬉しいんだって。
 そんなおれに、少しだけ甘えるようにあかねも呟く。
 
「でも……あたしも」
「え?」
「あたしも、乱馬のこと思って食べたよ。恵方巻」
「……なんて?」
「乱馬が健康でありますようにって。怪我とかしませんようにって」
 
 おれも。
 おれも、あかねのこと考えて食ってたよ。
 あかねが健康でありますようにって。
 喉を詰まらせたりしませんようにって。
 顎関節症にはくれぐれも気を付けなくちゃならねえなって。
 
「乱馬……好きよ」
「あかね…………」
 
 おれも おれも。
 どちらかというと普段は攻める方が好きだが、時には奉仕してもらうそちらもやっぱり好きなんだと再認識した二月三日。
 時にこうして恋人同士は愛の方向性を確かめ合うものなのか。
 
「来年は一緒に節分過ごしてえなあ」
「ふふ、今日は随分と素直なのね」
「わ、わりーかよっ」
「別に悪いなんて言ってないじゃない。それに……」
「それに?」
「なんだか嬉しい。そんな風に言ってくれるなんて」
  
 何言ってんだよ。
 おれは普段、口にして言えねーだけでいつも思ってるぞ。
 なんなら三百六十五日、いつでもどこでも思ってる。
 だから来年の節分までにいっぱい予習復習しとこうな。
 その為ならおれも努力を惜しむつもりなどない。
 あ、言っとくけど間違っても噛んじゃダメだぞ。
 万が一にも噛み切られたら死んじまうからな。
 ……あ、今ちょっとヒュンッってなった。ヒュンッって。
 
「乱馬……会いたい…………」
「……うん」
「来年は一緒に豆まきしようね」
「おう」
 
 来年とは言わず、帰ったらすぐにでも豆を食おう。
 あんなとこやこんなとこの、甘い嬌声を伴うかわいい豆を。
 いや、あかねが嫌だといっても食らい尽くす。これはもう決定事項だ。
 そしてその最奥目掛け、一斉種まきを決行しよう。そうしよう。
 これぞクライマックス・ビーンズ・スプリンクル。
 そこらへんもドンとおれに任しとけ。男の言葉に二言はねえ。
 
 豆を愛しんで、種まきをいっぱいして。
 日本の節分、けしからんな。
 これじゃあ子沢山まっしぐらじゃねーか。
 
「明日の夜には帰れるから」
「うん」
「寝ないで待っとけよ」
「なにそれ」
「いーから『はい』って言え」
「もう……わかったわよ」
 
 ふふっと笑うその声がもう「待ってる」という風にしか聞こえなくて。
 
 






 翌日、「ごめんね、急に残業になっちゃったから先寝てて?」と悪魔のような連絡が来るなんて思ってもみないおれは、みちみちに満ち溢れた己の豆まきを懸命に堪え、一人寂しく枕を濡らしたのだった。
 ぎゃふんっ!
 



 < END >


ちなみにこれはいつまでも少年の心を持つ乱馬くんの脳内であり、正当な淫語プレイではありません。
二人の正しい淫語プレイをご所望の方はこっそりお知らせくださいませ。←





関連記事
comment (30) @ 社会人編 短編・前後編

   
スイッチ  | 次の投稿への注意…(NOシリアス)

comment

(・∀・) : yoko @-
今日は旦那も午前様予定だし、ちらっと覗かせてもらってから寝ようと思ってたんです。
そしたら
(・∀・)!
何やらNOシリアスって見えた!即読み!
………すっきり(道連れくらう)
(*´∀`)

って、なってるところに旦那帰宅して、ヒュンってなりました☆
ないけど、ヒュンって(・∀・)

あの、楽しかったです、まじで(笑)
ありがとうございました☆
おやすみなさい!ヒュン!(気に入った)
2017/02/10 Fri 00:21:14 URL
Re: (・∀・) : koh @-
> yokoさん

こんばんは☆
えっと……ありがとう♡
こんなコメントしづらい投稿へ早々メッセージいただいちゃって(/ω\)。
さすが同じ性/癖を持つ妹よ。←勝手に
くっくっくっ、道連れゲットだぜ(´▽`*)♡

にしても、そのタイミングで帰って来られるとヒュンッてなるね(笑)。
もしくはズクンッ!かな?
ヒュンッてちょっとかわいい♡
あれ?おかしいな?
今は夜だからね。真夜中だからね。
つい先日まで【記憶に咲く六花】書いてた人だけどね。
そんなの関係ないね(´▽`*)b☆
2017/02/10 Fri 00:37:21 URL
まさかのw : あんず @-
わ、私の伝説がぁ〜〜〜っ!! ボロボロボロ……(笑)。
余韻ぶち壊しにきましたね…kohさんには参りました💦
遅れながらもあとがきへコメントを…と思っていた私の背中を押してくださいました✨

まさかの平野篤人……こんな所でお目にかかれるとは(笑)。
社会人編と、恵方巻き…のフレーズだけで変な想像してしまった私も私ですー💦
乱馬くん、タンマとかも、いろいろ大変だったね(笑)。が、頑張れ!!
2017/02/10 Fri 01:00:04 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/10 Fri 02:25:28
えんだぁ~♪ : ひなた @-
師匠~!やーん!更新に気がつかなかったぁー(ToT)
やっべー位今、リアルに朝イチ吹いてます✨
やっぱりね、築きあげた伝説は自ら破らないといけないんですよ。更に上書き保存されました!大丈夫!師匠、私も人間的に師匠への愛が上書きされましたから。しかし……まさかのシリーズ中。さすがっす!まだそこまでには私はたどり着けない……(あれ?なんか前に確かこの言葉コメントしたかな?気のせいね)あー良かった~!師匠の今回の小説で私が好きな言葉
「テラテラ」✨拍手はやはり「えんだぁ~✨」
もーコーヒー朝から吹いちゃった!
師匠✨最高~あたしも一緒に行くー!道連れさせてー(≧∇≦)💦ぶはっ!!(涙目)
2017/02/10 Fri 05:34:12 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/02/10 Fri 06:33:17
Re: まさかのw : koh @-
> あんずさん

おはようございます♪
えへへ♡我ながら伝説崩れるの、早かったなぁ。←他人事
でも取引先に「kohさんは良いものも悪いものも過去にとらわれないからいいね」と言われたことがあり
一度出来上がったものにはあまり固執しないようにしてるんです(´▽`*)。
これでまた創作を辞めたらゆっくりと振り返ったりもすると思うんですけどね。
むむ…性格上、どうかしら。

そして平野篤人、気付いてくれましたか(笑)。
なんとなくぶっ込んでみました。こういう小ネタに気付いてくださるあんずさんが大好き過ぎます♡
「タンマ」ってもう!もうっ!って感じです。
そんな中、最後まであの雰囲気で走りきった私を褒めてやってください(笑)。←いや、知らんがな
2017/02/10 Fri 07:49:21 URL
Re: だよねー♪ : koh @-
> 2017/02/10 Fri 02:25:28 コメント主様

おはようございます。
私は出身が関西なので、わりと巻物が食卓に並ぶことは多かったのですが、それでも人生初の恵方巻は
小学校高学年でした。
当時は「なんでこんな苦しい思いをして食べなきゃいけないの~!?」という感じで、結局翌年からは
普通に切ってあるものを食べるようになりましたけど。
でも当時、中三とかだった兄はどう思ってたんだろう…。
どうか、みんな純粋無垢であったと信じたい(笑)。
あ、でも私自身、そういう知識を教えてもらったのは高校生になってからだったからまだセーフかな?

今はネットが当たり前になっちゃってるからこわいんですよねぇ💦。
息子の友人のお母さん方も「最初は動画じゃなく紙面から入門して欲しい」と、半分冗談、半分本気で
言ってますもん。
あれ?何お話でしたっけ?
恵方巻、恐ろしい文化ですね(汗)。←一説によるとセブンイレブンの仕掛けみたいですね
2017/02/10 Fri 07:53:59 URL
Re: えんだぁ~♪ : koh @-
> ひなたさん

おはようございます♪
もうね、朝から人に読んでいただくような代物じゃないですよね(笑)。
でも読ませますけど。くっくっくっ♡←悪魔
よしよし、また一人道連れゲットだぜっ♪

私、連載物も四~五話過ぎると大抵飽きが来ちゃってすぐに頭の中が脱線しちゃうんですよねぇ。
なので手元には意味不明のメモがいっぱい…。
しかも当時は"最高に面白い"と思っているその面白さを既に忘れてしまっているため、読み返しても
「……これ、なに?」みたいなのが多くって(´▽`;)。
そんな中、「えんだ~♪」は高校時代からの私の必殺技です。
あ、「テラテラ」もよかったですか?じゃあこれも仲間入り、ということで…φ(..)メモメモ。
こうやって時々頭の中のスイッチを切り替えないとね♡←?
シリアスばっかりじゃ、爆発しちゃう💦。
2017/02/10 Fri 08:00:13 URL
Re: No title : koh @-
> 2017/02/10 Fri 06:33:17 コメント主様

おはようございます♪
笑っていただけましたか。よかったよかった♡
ふと思ったんですけど、このネタで笑える人ってみんなそれなりに大人になってる(意味深)って
ことなんですよねぇ…。しみじみ。
中学校時代はまさか自分がこんなことを書く大人になっているとは思いもしなかったのに。不思議だなぁ。

なんていうか、その時は他にも色々問題を抱えてて「やけくそでも笑ってたいっ!」っていう
心境だったんです(´▽`*)。
正直、記憶に咲く六花の連載を一度止めようかな?と迷っていたくらいだったので、その反動が
来たんですね、きっと。
うん、でもやっぱり私はカーッと怒ったりするより、こうやって他で発散する方が合ってるみたいです♡

ピンクかあ…。
最近書いてないから書けるかしら。モジモジ。←おいっ!
徐々にウォーミングアップでもしますか(´艸`*)(笑)。
2017/02/10 Fri 08:07:34 URL
No title : 縞 @-
クッソワロタwww
エロいのかそうじゃないのかもう分からなくなってwww
最後にはやっぱり報われない乱馬がもうwww
てか、普段からさせてんだな…?www
って突っ込まずにはいられない感じでしたwww
2017/02/10 Fri 08:48:54 URL
ぶっっっ(๑˃̵▽˂̵)ふあああ : RA♪ @-
爆(๑˃̵▽˂̵)爆(๑˃̵▽˂̵)爆
ひゃーーーーー
声出して笑ったああああああ
相変わらずあかねちゃんの純粋さが可愛くてたまらん♡それに比べて乱馬くん…爆
愛しくてたまらないのね(´∀`*)ふふふ
しっかし!kohさん振り幅広くてリスペクトです‼︎
どんなkohさんでもついていきますっ‼︎‼︎

2017/02/10 Fri 09:15:33 URL
Re: No title : koh @-
> 縞さん

こんばんは☆
エロかどうかがわからなくなる…まさに(笑)。
自分で書きつつどこからツッコめばいいのか分からなくなりつつ、めっちゃくちゃ高速で書き上げました。
あの…とっても、楽しかったです(笑)。
…なぜだろう。たまにこういう話だと異常なまでのスピードで書き終える…。←変態
っていうか、このネタで笑えるってことは皆さん大人てことですよね(´▽`*)♪

でもって、こちらは社会人編ですからね。
そりゃあ、普段からもう……ゲフンゲフン。
うん、その、詳細は乱馬の回想からお察しください(´艸`*)♡

PS, あの件ですが、ちょっと仕上げたいので週末お待ちください💦。すみません~(>_<)
2017/02/10 Fri 23:29:42 URL
Re: ぶっっっ(๑˃̵▽˂̵)ふあああ : koh @-
> RA♪さん

こんばんは☆
もうっ!もうっ!
せっかく【記憶に咲く六花】でちょと良い感じの私を演出してみたのに(笑)。
今回ももたなかったな~(^▽^;)。

あ、でもRA♪さんが記憶に~をすごい褒めてくださってたので
「げげっ!?何よこれ、kohの変態!」となったらどうしよう…と、わりと真剣に心配していたので
笑っていただけてすごく嬉しいです♡
この乱馬とあかねの差がもう…(笑)。
こんな愛おしいおバカも好きなんです。

> どんなkohさんでもついていきますっ‼︎‼︎

ほんと!?じゃあもう離さないっ!(えんだぁぁあ~♪)
2017/02/10 Fri 23:34:28 URL
爆!!! : 憂すけ @-
拍手の方まで勢いに任せて一気に拝読させて頂きやした。・・・・えっと・・・コレ・・・「あの泣けるお話」投稿直後なんすか?・・・ふ・・・っ。kohさんたら・・・血液型!偽ってますね!?オイラと同じ!二重人格説の誉れも高いAB型っしょ!?きっとそうっすねっ。 ・・・てか。・・・もう・・・っ!休み明けで、諸雑事を適当に半分残したままPC開けば・・・・スクロールする指は震えて来るし!?にやついた頬がヒクヒクするし!?
あー!もうー! 飴と鞭的な・・・感動させておいて笑かす。ナニ!?何なんすか!?この絶妙なコンヴィネーション!!! 
kohさーん!楽しく妄想させて頂いたっスー!
・・・来年のセツブンも宜しくっスー!ヽ(^o^)丿
2017/02/14 Tue 14:09:32 URL
Re: 爆!!! : koh @-
> 憂すけさん

こんばんは☆
ふふ…私ももう、自分で書いててわけわかめですよ。
でもこんな話に限って殆どノンストップでダダダダーッ!とキーを打つ手が止まらない…。
私の前世はC-C-Bか!?というくらい、ロマンチックが止まらない状態なのです。(まだ生きてるっつーの!)
あ、ちなみにときめくことがあるとついつい両手にペンを持って「たったったたったらったらたったら~♪」
とドラムの真似をしてしまう私は昭和生まれの立派なおばさんです。←知ってる

あー、でも六花の途中には本当に色んなことがあって苦しかった。
この妄想もその一つです。
書きたいけど書けない、はっちゃけたいけどはっちゃけられない。
よくぞ無事に最後まで六花を書き上げたと褒めてください(笑)。
何かの診断で「凡人だが創作好きで、その振り幅がおそろしくでかい」とあり、笑い転げた私でした(´▽`*)。
2017/02/16 Thu 02:54:18 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/03 Sat 00:37:17
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/03 Sat 08:02:15
No title : トロ @-
息子のピアノレッスン待ってる間に読みました…
えぇ…まわりにグループレッスンの純真無垢な幼稚園の子達がキャッキャしてる中、テラテラなお話をwwwこのお話大好きなのでさらにパワーアップして読めて嬉しいです(^-^)
2018/02/03 Sat 11:01:13 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/03 Sat 12:58:14
Re: タイトルなし : koh @-
た~コメント主様

ありがとうございます。
一年振りに帰って来た「セ・ツ・ブ・ン」です。
なぜにバージョンアップして帰ってきた……笑。
たまにはこんなバカバカしいお話で笑っていただきたくって。
え?たまには?
そう、たまにはですけど、なにか??
寒いけれどガソリン満タンで、頑張ってください✨✨
2018/02/04 Sun 07:28:47 URL
Re: No title : koh @-
り~コメント主様

そうそう、一年振りに帰ってきたセ・ツ・ブ・ンです笑。
なかなかこれを越える名作が書けず……もっと精進しなくっちゃ💦💦
文庫バージョン、あほらしさが更に加速しますよね。^^。
横書きで行間が詰まっていると少し読みにくいのですが、縦書きだとそれがないのでテンポよくアホっぽさを楽しんでいただけると思います笑。
ああ、来年はどうしよう……。←
2018/02/04 Sun 07:35:30 URL
Re: No title : koh @-
トロさん

おやおや、奇遇ですね。
私も昨日2/3の節分当日は娘のピアノレッスン先で真面目な表情を作りつつ、こっそりこのセ・ツ・ブ・ンを読んでいました。
マスクしててよかった……笑。
それにしても純真無垢な幼稚園生を前にテラテラ巻きとは。
じゃあ来年はなんとかして恵方巻を食べましょうか。
え?やだなぁ、恵方巻の話ですよ?
2018/02/04 Sun 07:38:11 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/04 Sun 07:39:04
Re: ありがとうございました!! : koh @-
m~コメント主様

昨日2/3は元小僧寿しバイトの経験を生かして5合の米を巻き巻きしていた私。
なんかね、絶妙な具合の恵方巻とか出来ると「あ、テラテラ……(自主規制)」となって娘に「ママ、なんで笑ってるの?」なんて聞かれ、無駄に機嫌のいいお母さんになっていました笑。
でもごめんなさい。食べやすいように我が家は半分に切ってしまいました……ヒュンッ!
元々ドSスイッチの持ち主である私はなかなか乱馬くんの願望をかなえてあげることが出来ず(^^;。
本当は(短いですが)ちょっとだけイケイケ乱馬くんもストックがあるのに、未だ出すタイミングを見失ってスマホの中に眠っています笑。誰か、乱馬くんを救出してあげてっ!
2018/02/04 Sun 07:43:18 URL
Re: No title : koh @-
P~コメント主様

私は出身が関西なのですが ある頃から突然親戚伝いに恵方巻の話が母の耳に入り込み、そうなると何でもマメで流行を抑える母が始めたのがきっかけです。確か、当時は中学生で何も考えず純粋に食していました笑。
まさか、その○年後にこんな汚れた大人になってしまうとは……(^^;。
創作に関しては、うーん、小難しい話や連載はとても出来る気はしないのですが、ちょっと色々あって逆に
息抜きに遊んでいる感じです。なので時間にしてみると非常に短いのですが、なぜかいつもよりもさくさくキーを叩いてしまう摩訶不思議現象が。
話は変わって、公開・非公開、それに加えて先方の名前を知ってるかどうかでだいぶ違ってきますよね。
私自身は匿名に関してはあまり気に病まないようにしています。思えば数年前まではこんな風に自分の時間を楽しむというのは夢のまた夢のような生活でしたし、あまりクヨクヨするより楽しいことに感謝して過ごした方がお得だなぁと。
自分に非があったり反省すべき点は「ダメだなあ、私……」なんてズドーンと引き摺ってしまうのですが、こればっかりは交通事故みたいなもので。
何より、落ち込む前に目の前の日々がすごいスピードで動いているのでありがたいなぁと思います^^。
2018/02/04 Sun 07:59:34 URL
再び…✨ : あんず @-
あれから一年…その節は大いにビックリ&爆笑させていただきました♪
縦書きバージョン、ちゃんと2018年の方角になってる!と嬉しくなりながら、再び乱馬のおかしな事になってる頭の中を覗けて楽しかったです(*´艸`*) やっぱりこちら、一番力を抜いて読める作品かも…大好きです♡
ところで、kohさんの作品の中で「圧」の字を拝見すると、「篤人」が出てきてしまう私はもう末期症状でしょうか…(笑)。
2018/02/04 Sun 09:20:33 URL
Re: 再び…✨ : koh @-
あんずさん

この話を振り返ると「ああ、あれからもう一年経ったんだなぁ」としみじみします。
あら、こんな風に言うとなんかちょっと感慨深い笑。
あんずさんのコメントの中で笑ってしまったのが「乱馬のおかしな事になってる頭の中を覗けて~」のくだりで、「ほんとだよっ!」と突っ込まざるを得ませんでした。
私もかの有名な石川啄木の「働けど働けど我が暮らし楽にならざり、じっと手を見る」で「……うん。見ちゃうよね」と静かに手をグーパーしてしまいます。
数ある誤変換の中でもアレは秀逸でした笑。
2018/02/05 Mon 00:37:59 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/02/05 Mon 11:58:58
Re: 強烈(長文なので、手持ちぶさたなときにでも) : koh @-
青~コメント主様

このバカバカしいお話を読み返すと、あの極寒の冬からもう一年が経ったのかと感慨深いです笑。
そして文庫バージョンがなぜかブログにUPすると文字が潰れてしまって読みにくく……(すみません)。
それでも縦書きのいわゆる「本」の表情をしながら、それでいてどこまでもアホらしい内容がよりくだらなさを加速させて好きなのです。
もちろん、社会人編なのであかねちゃんの生理周期は完璧にマスターしているということで^^。
淫語プレイ……私が書いたらまず色っぽい方向には転ばず「……乱馬とは?」と皆さん首を傾げる代物になりそうな予感もするのですが、いつか。いつか、この高い壁にチャレンジしてみせますっ笑。
だってそこに隠語(パワーワード)があるんですものっ!
五合の恵方巻、具を用意するところからエライコッチャで疲れましたが美味しかったです(´▽`;)。
といっても年に一度しか頑張れない性分でして……ふう💦💦。
2018/02/05 Mon 22:04:13 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する