わざと。 

2018/07/23
こちらは通常の大学生編と全く繋がりの無い読切りのお話です。
拍手には乱馬視点と元ネタの裏話があります。



わざと



高校を卒業して、
大学に進学して、
乱馬は一人暮らしをはじめて。

なにがきっかけだっただろう。
最初こそ一人で乱馬の家に行くのに抵抗があったあたしも、気付けば週末ごとにこの部屋を訪れるようになっていた。
といっても、二人の関係に色っぽい変化があったわけではない。やれ差し入れだの、やれ実家に置きっ放しだった荷物を届けるだの、そこには必ず何かの理由が必要で。
「いいかげん人をこき使うのはやめてもらえる?」と憎まれ口を叩けば「勝手に押し掛けといてよく言うぜ」とかわいくない態度で返ってくる。
なのに不思議ね。どちらも「じゃあやめよう」とはならなくて。
かくいう今日は“一本無料のビデオレンタル最終日”という理由にかこつけ、六畳一間の部屋で土曜日の夜を過ごしている。

「……あー終わった。意外と大したことなかったな」
「そ、そう……?」
ぎゅるぎゅるとテープの巻き戻す音が響く部屋の中、腕を伸ばして体をほぐす乱馬。それとは対照的にあたしは毛布でも被りたい衝動を必死でこらえていた。
「あれ? もしかしてあかね、びびってんのかよ」
「び、びびってなんかないわよっ! ちょっと肌寒かっただけっ」
「ふーん」
ああ、もう人が悪いのは相変わらず。にやにやと人を見下ろすその目は全てをお見通しに違いない。
……そう。
何を血迷ったのか、今日借りてきたのはちょっと前に話題になったホラー映画だった。
こういっちゃなんだが、あたしはお化けとか幽霊とかの類が大の苦手だったりする。そこにおぞましいスプラッタも加わればその恐怖はさらに増し、なのに観たいという欲求を抑えられないのだから我ながら難儀な性格だ。
もちろん、映画を観ている間も二人の間は拳ひとつ分しっかりと空いている。
手を繋ぐことなんてないし、間違っても肩を抱き寄せられるようなことだってない。
それもそうか。
だってあたし達は“親が決めた許婚”同士なだけで、恋人でもなんでもないただの男女だ。
普段は別々に暮らし、たまにこうして会って、週末だけ一緒に過ごすただの知り合い。
この部屋に訪れることは慣れてきても、この部屋で朝を迎えたことは一度もない。
それを聞いた知人は口を揃えて「何もないなんて信じられない」だの「ただの知り合いの域を越えている」だの騒ぐけれど、しょうがないじゃない。
だって正真正銘、あたしと乱馬の間には何もないのだから。

やれやれと乱馬が机の上のカップを流しに持っていく。
これはいわゆるタイムアップの合図。
いつの間にかできていた、あたしと乱馬にしかわからない暗黙のルールみたいなもので。
「帰んのか?」
「うん。そろそろ電車の本数も少なくなっちゃうし」
「そっか」
ほらね、引き止める素振りもなくあっさり頷く。
あたしは意識的にのろのろと身支度を整え、玄関の三和土で靴に手を伸ばして前屈する。いつもならば「ちょっとコンビニまで」なんて言いながら駅までついてくるくせに、今日の乱馬はポケットに鍵ひとつ突っ込む様子もない。
「じゃあ帰るわね」
「おう」
お気に入りのサンダルは、既に両足ともしっかりストラップが留まっている。
ざりっと地面を擦る靴底が、往生際の悪さを物語っているようでバツが悪い。
「あの……」
「なんだよ」
「……今日は買い物とかないの?」
「べつに。ビデオも明日返せばいいしな」
「…………そう」
ぎゅっと握ったバッグの取っ手が手に食い込む。
えーっと、何か忘れ物ってなかったかしら。そんな風に思う時に限って携帯も財布も家の鍵も、必要なものは全て鞄の中にしっかり納まっていたりするもので。
「、送ってくれないの?」
この一言はなかなかに勇気がいった。それもそのはず、口にした本人が一番驚いているわけで、なのにそこで返ってきたのは「やだね」とにべもない言葉なのだからどこまで薄情なのだろう。
「いいわよ、ケチ」
上擦りそうになる声は傷付いたからじゃない。ただ、さっきの映画が怖ったから。
そう自分に言い聞かせ、玄関のドアノブに手を掛ける。
乱馬はこちらを見ようともしない。まるで探し物でもするようにシンクの中に視線を落とすその様子は、演技でもなんでもなく家を出るつもりはないのだとわかった。
(……そろそろこの関係も潮時なのかな)
急に目の前がどんよりと暗くなった気がした。
纏わりつく不快な湿気がすっと冷えて足元に落ちていく。
次にこの部屋を訪れる時はもう許婚じゃないのかもしれない。ううん。その前に、あたしが再びこの部屋を訪れることなどはたしてあるのだろうか。
突き刺すような鋭い痛みが胸を貫き、今度こそ扉を開けようとした時だった。
「あかね」
不意に名前を呼ばれる。
「なに?」
お願い。この期に及んでまだ期待させないで。
しかし、乱馬の口から出たのは意外な台詞だった。
「アパートの階段、気を付けろよ。あーゆーとこにお化けはいたりするからな」
「ちょっとやめてよ、変なこと言うの」
「そうそう、うちの裏にあるあの公園さ、昔は墓地だったらしいぜ」
「う、嘘よっ」
「まー、嘘かどうかは歩いてればわかんじゃねえの」
「やだ……、」
本当にひどい男だ。わざと怖がらせるような言葉を並べ、そのくせ「じゃあな」も「バイバイ」も言わない。
あたしも言わない。
いわば我慢比べのように沈黙して。
きっとあと一言でも口を利いたら弱気なあたしが顔をのぞかせる。

────帰りたくない

喉元まで出かかった言葉を飲み込み、無言のままサムターンを反転させた時だった。


「……ひとつだけお化け出ねえ方法あるけど」

ぎしりと軋む響きは床を踏みしめた音だろうか。
いつになく躊躇うような言い方に、あたしは振り向くこともできず短く聞き返す。

「なに?」
「その…………」
「……」
「……………………と、泊まってくか? ……今日」

またみしりとタイルのしなる音がした。
綺麗そうに見えても流石は一人暮らし用のアパートだ。やっぱり造りは簡単なのかもしれないわね、なんて。こんな時に限ってどうでもいいことばかりが頭を過ぎってしまうのは、期待をしないよう自分にブレーキをかけてしまう無意識の防御なのかもしれない。

「ご、誤解すんなよっ!? ただ、もうこんな時間だし」

何も答えないあたしに対し、急に早口で言い訳を始める乱馬。
その顔が真っ赤に染まって見えるのは気のせいなんかじゃないはずで。


金曜日から冷蔵庫の中を空っぽにしておくのはわざと。
差し入れを渋々持ってくる表情もわざと。
一本しか選ぶ権利のない中でホラー映画を借りたのはわざと。
くっつけなかったのは映画のせいになるのが癪だから。

帰ろうとしたのはわざと。
家を出ようとしなかったのもわざと。
バイバイを言わなかったのはわざと。
またなと言わなかったのもわざと。

部屋にソファーがないのはドラマと違って貧乏学生だから?
ううん、違う。
部屋にソファーがないのは、同じ室内でバラバラに夜を過ごす選択肢などいらないから。


「……お化け、出ない?」
「出ねえ出ねえ」
「ほんと?」

すがるような声が出てしまったのは隠しきれない期待値で。

「もっと怖いもんは出るかもしんねーけど」

自虐的に笑うその顔も、きっと期待をしてるから。


「もっと怖いものってなに?」
「さあ……? おれも未知の世界」
「なにそれ」

吹き出すあたしに乱馬が手を伸ばす。
でもおあいにく様、まだあたしの足にはしっかりと靴のストラップが掛かっているから動けない。

「ちょっと待って」
「もう充分待った」

よろりとバランスを崩せば「どんくせえ」と支える腕があたしの手を捕える。
その背後で響いた施錠の音は、二人きりの夜を迎えるファンファーレ。


冷蔵庫の中を空にするのと同時に部屋を片付ける金曜日はわざと。
土曜日はいつもより丁寧になるブラッシングもわざと。
週末の夜に友人との約束を入れないのはわざと。
家の廊下でゆかやさゆりと大声で電話するのもわざと。
異性の影がないことを知らせるために部屋で会うのはわざと。
異性の影がないことを確かめるために部屋で会うのもわざと。

ビデオは明日返せばいい。
当日返却にしなかったのは、やっぱりわざと。



「乱馬」

いつになく甘い響きを含んで見上げてしまったのは予想外で。

「あかね」

硬い胸にぽすんと顔を押し付けられる。暴れる鼓動が耳に聞こえてくるのは、きっと二人のせいに違いない。




< END >


それから。


関連記事
comment (18) @ 大学編  その他

   
それから。  | 彼が制服に着替えたら(後編) 

comment

お疲れ様です! : kimmy @-
お帰りなさいませ!お待ちしてました!
お仕事やプライベートに追われる日々の中、創作意欲と現実の多忙さとの狭間で大変でしたね。
そんな中夢うつつで妄想メモしたり、エッチなサンプルをガン見してはRなお絵描き…それもまたkohさんらしいといいますか…www(*´∀`)

このお話好きだなぁ…
意地っ張りな二人にぴったりですね。
タイトルのあっさりした感じも、台詞や文章を短く切ってあるのも、交互に二人の「わざと」を並べるのも、拍手話で比較するのも。
お話自体のサイズ感も読み切りらしくてすっきりかつ、最後の甘い空気感が更なる妄想を掻き立ててくれていいですね。

思えばらんま1/2再読してドはまりし、Google先生のお導きでこちらにおじゃましたのはちょうど一年前の去年の夏休み。
夢中で過去のお話を読み漁ったのを思い出します。
まさか一年後には自分でも創作してるなんて、爪の先にも思いませんでしたが…(^^;

また今年の夏休みもこちらにおじゃまして楽しませて頂きます(*^^*)

はぁ…私も早く妄想したいなぁ…
2018/07/23 Mon 01:56:07 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/07/23 Mon 06:24:33
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/07/23 Mon 16:54:39
No title : ねちゃこ @-
オバケを理由にあかねちゃんを引き止める乱馬くんズルイです…でもそこがすごくイイ!!(≧∀≦)とっても二人らしいです!!あかねちゃんは積極的に「泊めて」なんて言えないし、乱馬も素直に「泊まってけよ」なんて言えるタイプじゃないですもんね!もうズルくてもいいんです、あかねちゃんを引き止められるんなら(笑)ちょっとでも距離が近くなるように、二人で『わざと』を積み重ねていく感じ、恋に不器用な二人が一歩踏み出す瞬間ににキュンキュンしちゃいました(≧∀≦)あぁでも乱馬視点を読んだら、あかねちゃんに「乱馬ってこんな事考えてたんだよ〜」って教えてあげたくなっちゃいますね(о´∀`о)お忙しいでしょうに、こんな可愛いお話をアップして頂いてありがとうございました( ´ ▽ ` )乱あ補充で夏バテも吹き飛ぶ勢いです〜!!
2018/07/23 Mon 22:09:47 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/07/23 Mon 22:49:06
たま乱あです!!! : 那由他 @-
kohさん、色々と忙しい夏休みがついに始まってしまいましたね…。
お忙しいのは分かってはいるけれども、もしかしたら!?と実は頻繁にこちらをチェックしていて 笑
今通勤電車の中でこれを読んで、見悶えているところです。。
わぁぁあん、この乱あちゃん大好きだー!!
思いがけず、素敵な誕生日プレゼントになりました…ありがとうございます!
今日ももりもり頑張れそうです!!
2018/07/24 Tue 08:40:57 URL
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/07/24 Tue 18:27:12
そうか、わざと、か。 : 憂すけ @-
全てには理由があったんだ、と。
その理由の一つ一つの愛おしさ。可愛さ。
本当に可愛いなぁ…!
帰りたくないんだよね。帰したくないんだよね。
すっごく分かるの。だって、あたしもkohさんと会っている時にそう思うから!・・・おっと失礼。勢い余ってつい告っちまいました♡
それでさレンタルビデオ!そうだったよね。妙にリアルに感じながら臨場感たっぷりに拝読です!この後の2人にメッチャ幸有れ・・・!!( *´艸`)
2018/07/24 Tue 22:47:13 URL
Re: お疲れ様です! : koh @-
kimmyさん

わーい、久々に書けました~(涙)。
そうです。なにもエッチなサンプルをガン見して満足していたわけではないのです。
無意識にメモだって取るし、頭の中はおピンク妄想ビッグバンですよ。(誰か止めて…)
寝る直前の妄想って意外といい線ついてて、実は半分以上覚えていなかったり。それをいつもメールの下書きに入れているのですが、記憶にない下書きの数字が増えていると「あ、またメモしたんだな。後日ゆっくり読もう」なんてわざと置いておいてモチベーションが低い時や時間の無い時に読み返したりしています^^。
あ、でも中には海に来たあかねちゃんの水着がふえるわかめ製で、あかねに触れたい乱馬がひたすらにワカメを食べ続け腹を壊すとかどーでも良過ぎる話も眠ってます笑。
っていうか、それはそれですごいぞ自分……。

夏休み、始まっちゃいましたねぇ。
ということはすなわち、kimmyさんと出会って丸1年…♡
お休み中はなかなか妄想する余裕もないと思いますが、お互いのんびり楽しみましょう^^♡
2018/07/25 Wed 08:40:36 URL
Re: No title : koh @-
ト~コメント主様

コメント主様、お久し振りですっ!バタバタしていてなかなかブログの管理まで手が回らずでした(^^;。
それにしても二十歳の男の子が言うにことかいて「お化けがでる」ですよ!
引き止めたいがための必死感……かわいすぎかっ♡
たまに自分のメモながら「か、かわいい~…!」と悶絶している怪しいおばさんとは私のことです笑。
その後のこともつい想像しちゃいますよね^^。
青春~は何度も「もう出そう」と投稿直前まで行くのに、なぜか恥ずかしくなって下げるのを繰り返してしまって……。
近々投稿予定ではあるので、そちらもよろしくお願いします♡
あ、でもその前にこちらがシリーズになっちゃった……///(通常運転)
2018/07/25 Wed 08:48:03 URL
Re: ありがとうございました!! : koh @-
m~コメント主様

おはようございます。
先日はせっかくコメントまでいただいていたのに失礼しました💦💦。また投稿し直した際にはコメントも復活するので(しかもそこに返信もしてあったりします…)もう暫くだけお待ちください。
でも感想いただけてとっても嬉しかったです♡
そして久々の創作、すごく楽しかったです~^^。それまでは書く時間がない→自分が書かなくても他の方が書くからいいかな、なんて弱気になっていたのですが、いざ書き始めると妄想が爆発して「あ、やっぱり自分でも書こ♡」と単純に気持ちが戻ってしまいました…ハズカシイ。
「もっとこわいもんが~」からの「おれも未知の世界」って、夢うつつにしてはなかなかやるな自分。
そしてコメント主様からのコメを拝見しているうちに私の妄想も更にその先へ羽ばたいてしまいました…笑。
持ち上げるのが上手過ぎます、本当に。
Aからはじまる~でもそうなのですが、同じことを男女別視点で考えるのが好きなんです。それだけ手間も時間もかかってしまうのだけど、乱馬がこう考えてるからこうして、あかねちゃんはこう考えてるからこんな風に動いて…っていうのを頭の中でガラス越しに見ている感覚というか。なのでそこを「贅沢」と言っていただけると私のほうが嬉しくて舞い上がっちゃいます。ありがとうございます。
そして私、コメント主様とやり取りできることがすごく嬉しいのでこちらのコメ欄でお返事させてください♡
創作って書くのももちろんですが、このやり取りが私にとっては最高に幸せな贅沢時間なんですよねぇ///。
2018/07/25 Wed 09:05:06 URL
Re: No title : koh @-
ねちゃこさん

わーい、「ズルいけどいい」って言っていただけて嬉しいです///
そうそう。まさにねちゃこさんの仰る通り、すんなりと「泊まってけよ」とは(ここの乱馬は)言えそうにないし、(ここのあかねちゃんも)すんなり「今日は帰りたくない」なんてちょっとハードル高めかな、と。
いつかは言わせたいんですけどね笑。
恋愛の駆け引き……ってほどでもないのですが、好きな人の気を引く為ってちょっとした理由の積み重ねがあるんじゃないかなぁと。
お互い気付いているような気付いていないような、そんなわざとを重ねている時間もまた楽しかったりするんですよね^^。
私も書きながらしょっちゅう「本当は相手もこんなこと考えてるんだよ~」って教えてあげたくなっちゃいます笑。
暑い暑い夏休みですが、お互いバテないように手を抜きつつ乗り切りましょうね!
2018/07/25 Wed 09:10:42 URL
Re: No title : koh @-
り~コメント主様

わーい、ビンビンkohです///♡(ごめんなさい、もう既に暑くて…)
暑い夜。
寝苦しい夜。
現実逃避したい夜。
そんな夜は有無を言わさず乱あ妄想ですよっ。
いやはや、笑い事ではなく6~7月の記憶ってあまりないほど自転車操業の日々だったのですが、やっぱり創作する楽しみを噛みしめています^^。
もともと妄想家だから吐き出さないとパンクしちゃうみたい……。
大学生編なんだけどちょっとピュア。で、ちょっと進む。
すごろくみたいで楽しいです^^。
2018/07/25 Wed 09:20:23 URL
Re: たま乱あです!!! : koh @-
那由他さん

わーっ!那由他さんこそお忙しいのに、ブログに足を運んでくださって感激です////
がっつりイタしてる大人乱あちゃんも大好きなのですが、このぐらぐら揺れるバランスの上であと一息!っていう関係の二人も大好きなんですよねぇ。
結果、どの乱あちゃんも好きっていう…笑。。
大好きな相手を前にすると僅かなことでも一緒にいられるための理由になったりしますよね。その積み重ねこそが「好き」を作っていくのかなぁって。
自分では素直に認めなくても言動が無意識に相手を想っているって恋って感じがします^^。
そして那由他さん、お誕生日おめでとうございます!
少しでも楽しんでいただけてよかった……♡
那由他さんにとってこの1年が素敵な365日でありますように……^^♡♡♡
2018/07/25 Wed 09:26:43 URL
Re: No title : koh @-
ト~コメント主様

わざわざありがとうございます(*^^*)
ファンクラブ会員……っ!なんて贅沢で幸せな響き……っ
ありがとうございますありがとうございます。私こそ足を向けて寝れないから三点倒立で眠りにつかなければですww
そして拍手もお付き合いいただき、ありがとうございました。
こういう逆視点が書いてて楽しかったりします♡
2018/07/25 Wed 09:29:24 URL
Re: そうか、わざと、か。 : koh @-
憂すけさん

ごめん、憂すけさん。
このコメントのタイトルを目にした時、「ん??名探偵○ナン?それとも金○一?じっちゃんの名に賭けて」を連想しちゃいました。
そうか。わざと、か……みたいな笑。
帰りたくない。帰したくない。
もうね、ここで名曲が誕生しちゃいそうな勢いです。余談ですが、このお話を書いている時に乱馬視点でオレンジレンジの「ラヴ・パレード」が頭の中で流れてて。
一人暮らしする大学生の男の子にぴったりの曲だなぁっていつも思います。
そして私も憂すけさんと会った日、いつも同じこと思ってる!笑。
毎回駅で名残惜しくなるものね。なんなんだろう、あのイケナイ関係な感じ…笑。
ビデオに関しては若い読者さんのために最初DVDにしようかとも思ったのですが、やっぱりぎゅるぎゅる巻き戻すビデをテープにしちゃいました。配信じゃなくてレンタルなのよ~~~!
2018/07/25 Wed 09:35:50 URL
No title : reina37891 @-
ふおおおこここ
ちょっともぉ、最高です。序盤のツキツキ刺さる感じとか、、ツンデレか!!な、、甘酸っぱすぎて口が肛門です。
2018/07/26 Thu 00:24:41 URL
Re: No title : koh @-
reina37891さん

へっへっへ♡
少しは元気玉、reinaさんにお送りできたでしょうか?
序盤こそ普通の大学生乱あちゃんだったのに、一歩踏み出した途端ゴロゴロゴロ~~です。
っていうか夢の中でまで乱あ……我ながら病気かな^^??
あー、久々に書きたい欲が出てきて楽しいっ!けどっ、仕事と夏休みが……っ!!
なにはともあれ息子が帰ってくるまでの間は暴走おばさんと化したいと思います。
暑いのでreinaさんもお身体ご自愛くださいね♡
2018/07/27 Fri 00:10:57 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する