シークレット・シークレット(Epilogue) 

2018/11/25
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
拍手には小話とCMのワンシーンが置いてあります。
(もし宜しければ最終話は拍手ではなく表でコメントへのお返事をさせてください^^)



― Epilogue ―

SecretSecret2blog.jpg




 十二月某日。
 ここは東京渋谷区、ハチ公改札口。

 駅の改札を抜けるとすぐ、目の前に広がるのは言わずと知れたスクランブル交差点前だ。その視線の真ん前には、全面ガラス張りが特徴的なビルが堂々とそびえ立っている。見上げるにはちょうどいい角度──向かってビルの中央部分に設けられた超大型ビジョン。そこへ聴き慣れたアップテンポのナンバーが流れてくる。


 モニターに映し出されたのは二人の男女だ。シルエットだけにもかかわらず、互いがじっと見つめ合っているのが伝わってくる。そして次の瞬間、煌めく閃光のように激しいバトルが始まった。
 ぐるぐると廻り出す世界。
 右に左に、上から下へ。
 モノクロのコントラストが描く世界は目まぐるしく表情を変え、けれどそれが合成ではないことは明らかだった。なぜなら風になびくウェアを、髪の毛の先を、相手を見つめる瞳をリアルに捉え、そしてまた輪郭だけに戻っていく。確かにもしも最初、全てはCGだと言われたならそれも信じて疑わなかっただろう。しかしこれは全て実際の人による動きだと発表された時、「たまげた」、「いやそんなはずはない」とちょっとした議論を巻き起こし、それだけでもCMとしての仕事は十分果たしたと言える。
 一切の会話はない。そこにあるのは躍動するエネルギーのぶつかり合いだけだ。
 敵とか味方とか、そんな単純な関係じゃない。
 ただそうすることが当前のように。
 体を動かすことが楽しくて仕方ないというように、飛び散る汗がモニター越しに光を放つ。
 ぺろりと手首の滴りを舐める舌。悪趣味の一歩手前でとどまる品格は、この作り上げられた世界観だからこそ成せる業なのだろう。
 刹那、男性の腕が細い腰を捉えた。引き寄せられる女性。
 辛うじて瞳の下からアップになる、その唇は濡れたカラスのように艶やかな黒髪で隠され、触れたか触れていないかはわからない。
 音が消え、訪れる一面のホワイトアウト。
 その向こうから近付いてくるのは、鍛え抜かれた上半身も露わに長い髪をかき上げる一人の男で。

「見てんじゃねえよ」

 次の瞬間、ウェアのロゴ部分が画面を覆って文字が走る。

 ────カラダで魅せろ。Break the rules.





 プワーンとクラクションが鳴り響き、信号が青に変わる。
 途端に人々は視線を戻し、目の前にある白と黒の横断歩道を渡り出した。

 ふと若い女の子の声が聞こえた。歳は十代後半から二十になりたてというところだろうか。やや興奮した調子で声を弾ませ、隣にいる友人の袖を掴む。

「ねえねえ、今のCM超カッコよくない? あれ、男の方は早乙女乱馬なんだよ」
「早乙女乱馬? 誰それ」
「知らないのぉ!? 無差別格闘でアジア人初の現世界チャンピオンよ!?」
「へえー。そんなに有名な人なんだぁ」
「ちょっと。そんな呑気なこと言ってると世間から取り残されちゃうからね!」
「あはは。でも格闘家だけあって確かにスタイルいいよね」
「そうそう。しなやかな筋肉っていうの? 細マッチョなのに肩とか腕とかがっしりしてて、あー、一度でいいから抱かれてみたーい!」
「ちょっと! 渋谷のど真ん中で突然変なこと叫ばないでくれる? ほら、隣にいるお姉さんが吹き出してるじゃない」
「ごめんごめん。でもさ、マジでかっこいいでしょ? 私、このCMが流れるたび食い入るように見ちゃうもん」
「あー、それはわかるかも。これ、相手は但野茜だっけ?」
「よく知ってるわね。でもこのCMは違うんだって。なんかプロの格闘家とか……あれ、なんだったかな。とにかく相手の女の人は謎のままらしいよ」
「ふーん。どっちにしろいいなぁ」
「なんでよ」
「だってその早乙女乱馬と堂々とキスしてるんだよ? 仕事とはいえ最高じゃない」
「よく言う。今の今まで知りもしなかったくせに」
「あはは。いいじゃない、こうして知ったんだから」
「まあね。けどおかげで今、試合のチケットが高騰して大変らしいよ」
「あ、わかる気する! やっぱ一度は生で闘ってるとことか拝んでみたいもんね」
「どうする? 一回くらい私達も観に行ってみる?」
「いいわよ。私もちょっと興味湧いてきたし」
「本当!? 実は一緒に行ってくれる人探してたんだぁ」
「まったく調子いいんだから。でもさ、いいの?」
「なにが」
「CMとはいえ好きな選手が知らない女の人とキスしてるんだよ? 私だったらヤダなぁ」
「えー、でもこれってしてるフリでしょ?」
「そうかなぁ」
「そうだよ、肝心なところは髪の毛で隠れてるし。いくらCMったって、格闘家なのにキスとかするわけないじゃん」
「それもそっか」
「そうそう。これでもし本当にしてたら発狂ものよ」
「っていうか、男の人の解いた髪ってなんかやらしいね」
「そうなのーっ! これってさ、やっぱりわざと──」

 こんなにもはっきりと会話が聞こえる距離なのに、不思議と人と人がぶつかることのない巨大な交差点。それを渡りきったところで一人の女性がそっと唇を噛む。
(バカ……っ! もう知らないんだから!)
 ぶんぶんと首を横に振る姿はあやしい以外の何ものでもない。けれどどうしたって、隠した頬は緩んでいて。

 雑踏の中に短い髪の毛の後ろ姿が消えていく。
 その正体に気付いているものは、誰もいない──。










 話は撮影当日に遡る。



「先輩、お疲れ様でした」
「おう」

 すごい。たった十五分間とはいえ、滝のような汗が先輩の背中を伝っている。いつものスパーリングですら、ここまで汗をかくことは滅多にない。その先輩がこれだけ消耗しているのは、もしかしたらあかねさんに対する細心の注意からなのだろうか。
 手渡したタオルで上半身を拭い、新しいTシャツを頭から被る。きっとこの人は二度目のテイクがないと確信しているのだろう。そしてそれは俺も同じだった。付き人よろしく今度はペットボトルを差し出し、俺は気になっていたことを尋ねてみる。

「先輩。ひとついいっすか?」
「んー?」
「ラストのシーンっすけど」


 そう。問題のキスシーン。
 まだ撮影に入る前、俺は確かに聞いたんだ。
『そういえばラストのシーンなんすけど。言ってもあかねさん……天道さんは代役で一般人なわけじゃないですか。それでもキスシーンって要るんすかね』と。


「あそこ。本当にキスする必要があったんすか?」
「……は? おめー、急になに言ってんの?」
「だって、」

 相手が誰とも知らぬまま口にした、単純な俺の疑問。その時、若いディレクターは俺に向かって言ったんだ。
『ああ、それならもう心配要りませんよ。色々考え、腕を組むポーズに変更しましたから』と。
 それを先輩が知らなかったとは思えない。いや、そんなことあるはずない。しかし、先輩は頑として認めようとはしなかった。

「さあ? 知らねえな」
「知らないって、でも仮に知らなくてもあんな嫌がってて」
「うるせーな。終わったことだからどうでもいいだろ!?」

 ボトルの水を飲み干し、それを手でくるくると振り回すと後ろの俺に一瞥くれるその目は、有無を言わさない迫力で。

「言っとくけど、あかねに余計なこと吹き込んだらただじゃおかねーからな!?」

 先輩。それってもう、確信犯だって白状してるようなものっすよ。
 大体ね、いつでも俺が言いなりになると思ったら大間違いなんっす。俺だってたまには優位に立って、先輩のことを強請って脅して、なんならこの不名誉なあだ名を今すぐあらためさせるのと同時に今までの行いを反省させて──。
 ………………………………いや。やっぱりいいか。
 だってほら、先輩の後ろ姿。あんな耳からうなじまで真っ赤に染めて威張ってみても、何の説得力もないですってば。ずっとあかねさんの存在を隠し通してきた先輩。そんな健気な先輩の独占欲くらい、今日だけ大目に見てやろうじゃないっすか。


「おい、ぴーすけ。早く来いよ! それともまた腹壊してんのかぁ?」

 …………、本当にっ。本当に今日だけっすからね!?
 ああ、それにしても実に手の焼ける先輩だ。これじゃあ、あかねさんが苦労するのもわかるなぁ。

「先輩。今日くらいはちゃんとあかねさんのこと労わってあげてくださいよ」
「おう。それに関しては任せとけ」

 わははと笑い飛ばし、早くも上がり時間を気にしだす。
 ……ごめんなさい、あかねさん。もしかしたら俺は言葉のチョイスを間違ったかもしれないっす。
 だけどまあ、その心配も野暮ってなものだろう。
 暫くして、今度はあかねさんとすれ違う。俺の顔を見るなりボンっと顔をリンゴのように赤くするあかねさんはともすれば熱に浮かされた患者のようで、ちょっぴりイケない妄想すら抱いてしまうから危険極まりない。こんなこと、もしも先輩にバレたら俺の命の保証はないっすからね。
 大分寂しくなっている我がジム会長の頭髪も死守し、俺はホッと安堵の溜め息をつく。


「あーあ。それにしてもどんな仕上がりになるんすかねぇ」

 なんせ無駄なコマなんてどこにもない。そう言い切れるほどに二人のポテンシャルが詰まったこの映像が、後にメイキング映像として代々語り継がれるとともに十五分間での最短撮影記録を樹立し、年を跨いだその翌年最優秀CM大賞を受賞することになろうとは、まだ誰一人として知る由もなく。

 ましてやこの一年と数か月後、このCMが世間をあっと言わせることになるなんて。
 それは俺と先輩二人だけの、シークレット中のシークレットだった。




 < END >




関連記事
comment (28) @ 社会人編 シークレット・シークレット

   
シークレットあとがきとキリ番リク。 | シークレット・シークレット(後編) 

comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 00:31:44
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 00:39:06
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 00:54:22
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 01:03:28
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 01:35:08
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 01:59:00
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 06:46:10
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 09:10:08
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 10:08:51
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 15:47:29
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 17:01:28
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/11/25 Sun 17:37:36
Re: No title : koh @-
ト~コメント主様

ありがとうございます~!!
久々にRのない社会人編……笑。中田君、本当につかいやすこ♡(懐かしのCM…え?知りません??)
いつか中田君にもご褒美的な何かがあればいいなぁと思いつつ、中田君のスピンオフにまで手を出したらこのブログはもう10年経っても終われない気がします笑。
といいつつ、中田君と乱馬が絡むお話(もちろんあかねちゃんも)は既にいくつかあるので、またその時には「先輩~」と泣いていただこうと思います^^。
ああ。全国の中田さん、すみません……。
そして色素薄め、生え際気にしてる、昔やんちゃの3イメージ通りでしたか!?
嬉しい!
そうそう、中田君っていったらやっぱり色素は薄く髪の毛は……。
……全国の中田さん、ごめんなさい。(2度目)
2018/11/25 Sun 17:53:48 URL
Re: CM化熱望✨ : koh @-
ひ~コメント主様

わわわ~!そんなご褒美だなんて、その言葉がもうご褒美ですありがとうございます!
このCM、ちょっといいでしょ?私も見てみたいんですよねぇ。
乱馬の好きの示し方と少しずれてる、あかねちゃんのヤキモチ。
でも結局、どちらも「好き」に変わらなくて、きっとこの二人は一生こんな感じで競っていくんじゃないかなって思います^^。
あかねちゃんはわかり易く(?)ヤキモチを口にしましたが、きっと乱馬だって普段のオフィス内でのあかねちゃんにいっぱいヤキモチは妬いてますよね……。だけどそんなこと言えないし、言える立場にもないし。
あかねちゃんの身を守るために普段我慢していることが多い分、今回は乱馬にご褒美的な展開で。
そう思っていたので、あかねちゃんは勿論、コメント主様にも笑顔になっていただけて嬉しかったです。
ありがとうございました!
2018/11/25 Sun 17:59:01 URL
Re: 胸いっぱいです。 : koh @-
さ~コメント主様

この度はリクエストいただき、ありがとうございました。
コメント主様からのリクがなければ絶対に生まれなかったこのシリーズ。最初から最後の一行まで楽しく書くことが出来たのも、何度も感想をくださる励ましあってこそです。本当にありがとうございました。
そして……そうなんですよ、私も基本的にリクエスト=一話読切りのイメージだったんです。
ところがこの膨らんだイメージは到底一話におさまりきれない。そんなわけで全三話までは最初から決めていたのですが、そこにEpilogueまで加わってくるとは笑。
それだけ私自身が楽しんでい書いていた証拠ですね^^。
キスされたことよりも髪を下ろした姿を一瞬見られたことへのヤキモチなんてあかねちゃん可愛いなぁと思ったのですが、書いている時はそれが当然の気持ちのような気がして、後から読み返し「あかねちゃん、可愛過ぎかっ!」と自分で自分にツッコんじゃいました。(バカ)
毎回思うのですが、らんま1/2って小洒落たタイトルより、出来るだけストレートなイメージなんです。
ただ、そこでバーンとタイトルが決まることってなかなかなくて。でも今回に関してはカチリとピースがハマるようにタイトルが降ってきたような気がして、コメント主様が何度もタイトルを褒めてくださることがとっても嬉しかったです。
ありがとうございました♡
2018/11/25 Sun 18:06:12 URL
Re: 謎なのが歯痒い : koh @-
青~コメント主様

お忙しい中、読んでくださってありがとうございます!
そして「kohの絵はモノクロでもカラフル」。こんな褒め言葉ないですよ。う、嬉しい…!
実際あかねちゃんの顔が公表されることはないですが、きっと唇のカットはシルエットではなく一瞬リアルな映像が流れたんじゃないかと思います。
それを全国の女性が何度も一時停止し、「どっち?どっち??」と惑わされるという……。真相は二人のみぞ知る、ですね^^。
二人の関係を隠しているからこそ、あかねちゃんの存在が世に知られた時が大変そうですよね。
でもきっとその時は堂々としていられる関係にあるのかな、と。
ああ、妄想はどこまでも尽きません……。////←病気
話の分かるディレクターさん、いいでしょう??
二人の周りには理解者とあたたかい人がいっぱい。VIVA!らんま1/2です♡♡
PS.イベントの応援、ありがとうございます~^^。
 参加するからにはとことん楽しんできたいと思います!
2018/11/25 Sun 18:11:57 URL
Re: 想いが止まりません。 : koh @-
さ~コメント主様

もう本当に本当に嬉しいです!結局嬉しいと語彙がどこかに飛んでいってしまうのですが、こうして一緒に楽しんで盛り上げてくださるって本当にありがたいなぁって、モニターの向こうで破顔している私がいます。
業務命令でも他の女とは……ととどまる乱馬。
乱馬のため、そして大好きな格闘の世界のため、自分の気持ちに蓋をしようとするあかねちゃん。
どちらも誠意の貫き方で、今回コメディタッチで書きましたが、根底にあるのは互いへの思いやりや揺るぎない愛情なんですよね。
私の中で乱あ=このイメージは絶対なので、そこだけは踏み外さないって信じています。じゃないとここまで惹かれようがないですもの。
そしてイラスト……。
皆さんのイメージを壊したらどうしようって、実は敢えて付けないつもりだったんです。
でも自分が描きたくなってしまい、おそるおそる拍手にちょこんと置かせていただいたので……
それをこんな風に言っていただけたことにただただ感激です。
にしても擬人化したら「Secret Baseと目が合うたびに好きっていう危ない女」って!!笑。
また好きって言っていただけるようボチボチ書いていこうと思いますので、遊びに来てくださいね^^。
2018/11/25 Sun 18:19:52 URL
Re: お疲れ様でした! : koh @-
み~コメント主様

わあっ、今回は表からありがとうございます!
私、返事魔なので拍手だとお礼が言えずじれったくて……こちらにコメントを寄せていただき、嬉しいです。
格好いい!そう言っていただき、「今回のシリーズはカッコいい乱馬とカッコいいあかねちゃんを書く!」を目標にしていた私は一人ガッツポーズ。やった~!!
もちろん恋だ愛だも好きなのですが、二人は根っからの格闘家。私も格闘が大好きなので、結局萌える部分って闘っていたり体を自由に操るしなやかな二人の姿なんです。それだけに今回、大人になった二人を思いきり向かい合わせることが出来、それがたまらなく楽しくて。
乱馬のおさげは便利ですね。ひっぱって振り回したり機嫌を表したり、解いて顔を隠すアイテムにしたり。
ゆるっとカーブのかかる湿った黒髪……。ああっ、あかねちゃーーーん!!←?
そうそう。早く結婚させてあげたいと思いつつ、結婚させてあげられない笑。
けれどいつか。いつかです^^。
それまでもう少しだけ、この秘密な関係にお付き合いください♡
変態も書いていて楽しいのですが、時にはキス一つでモダモダするお話も好き。
つまりは乱あなら全部大好きです^^。
2018/11/25 Sun 18:27:57 URL
Re: No title : koh @-
り~コメント主様

ふふふ♡
ええ、コメント主様の萌えポイントは知っておりますとも!
それだけに拍手を描いている時、「あ、これはもしかしたらコメント主様が喜ぶやつかも」って思っていました笑。
乱馬君の長髪、プライスレス……。いい仕事してくれます♡
そしてそして、外せないのがぴーすけ君の存在ですよ。
中編まで書いた時、ぴーすけに頬ずりしたくなったけれど心底嫌そうな顔が浮かんでやめました(^^;。
うーん、オリキャラとはいえ動かしやすい稀有な存在だわ。
CMの風景から最後のキスシーンまで脳内再生されましたか?良かったぁ。
もっと苦戦するかと思ったのですが、書いている時はとにかく楽しくて後編後半~Epilogueまでの流れは一気だったのでそう言っていただけて嬉しいです^^♡
お子様の行事で冬も何かと忙しいですが、またふらりと遊びに来てくださいね。
ありがとうございました!
2018/11/25 Sun 18:33:31 URL
Re: 最高にかっこ良かったです! : koh @-
か~コメント主様

わー、こちらからははじめましてです^^。
全然不手際なんてないですよ!寧ろ、やっとお返事ができるのでとても嬉しいです。
ありがとうございます!
朝からキュンキュンしていただけて良かった~^^。
お話を投稿した後って必ず毎回「自分だけが楽しいつもりで盛り上がってたらどうしよう」なんてどちらかというと弱気になりやすいので、大好きの言葉が胸に染みます。
昔は乱馬→→→←←あかねくらいの関係が好きだったのですが、今はどっちも負けず嫌いが発動して決着がつかないくらいの想いのぶつけ合いが私の理想で。
男女で方法は違えど、これからもずっとお互いだけを大事に高め合っていってくれたらいいなぁと思います。
というかそうなるはず!うん。
あとイラストのほうも見ていただき、ありがとうございました。
イラストはその、言い訳しかないのですが……。
そちらもまたぼちぼち描いていけたらなんて思いつつ、時間が~汗。
でも久々のお絵描き、ちょっと新鮮で楽しかったです^^。
また何かあった時は是非お気軽に声を掛けてください♡(もちろん、ご負担にならない範囲で!)
この度はありがとうございました。
2018/11/25 Sun 18:41:00 URL
Re: きゅんきゅん💓 : koh @-
a~コメント主様

こんばんは。いつもSecret Baseに足を運んでいただき、ありがとうございます!
相変わらずあちこちシリーズのとっ散らかった当ブログですが、楽しんでいただけて嬉しいです^^。
ぴーすけくん、Good Jobですよね////。いまや、社会人編になくてはならない存在になるなんて去年は思いもしませんでした笑。なんでも書いてみるもんだ…。
それにしても、乱馬の独占欲がまさか全国放送のCMで炸裂してしまうとは!
きっと放送を実際見たらおどおどしだすのは乱馬のほうなんじゃないかなって想像すると、それもまたおかしかったりします^^。
なびきには「乱馬君~、あれ本当はしてるんでしょ?はい、口止め料ね」なんて法外な金額を請求されていたりして。
一方であかねちゃんは世間の女性の声を耳にしながら、冷静を装いつつ夜には甘えて独占してしまえばいいと思うのです……////。(もはや妄想が止まらない)
またどこかでこの続き……というか社会人編は続いていきますので、今後ものんびりお付き合いいただけると嬉しいです。
ありがとうございました♡
2018/11/25 Sun 18:47:31 URL
Re: タイトルなし : koh @-
ゆ~コメント主様

わーい!最高いただき、ありがとうございます^^。
ぴーすけ君の心の声は私の性格そのままなので、ぴーすけ君場面になるとキーを叩く手が止まりません汗。
個人的に好きなのは「鼻を骨折してもちょちょいと整形すれば今より綺麗に」「いやぁぁぁ!」からの地獄の三丁目です笑。
乱馬よ。おまえはなんちゅーことを言うんだ……笑。
男女問わず、あかねちゃん以外に容赦のない乱馬が好きです。←
あと「天道さん」呼びに対し、「あかねでいいですよ。今日だけは」のくだりが絶対的なイメージにあって。
ただでさえ、体を動かしている時咄嗟に名前って呼びたくなるのではないかなぁと。そこから逆に考えて付けたのが“但野茜ちゃん”だったので、そのシーンにニヤニヤしていただけてkohおばさんは一人ガッツポーズしちゃいました^^。
寒さ厳しい三連休でしたが、少しでも楽しんでいただけたら幸いです。
またのんびり創作していきますので、ぶらりと遊びに来てくださいね♡
ありがとうございました!
2018/11/25 Sun 18:54:49 URL
Re: 長文コメなので時間のある時に… : koh @-
m~コメント主様

すみません、最初にひとついいですか?
もうコメント主様の拍手コメからの訂正がかわいすぎて……笑。
しかも名前が入っていなくても「あれ?なんかコメント主様っぽいなぁ」ってすぐ気付きました。ありがとうございます!
CM撮影をテーマにした時、渋谷のスクランブル交差点がババーンとイメージに浮かんできて。そこで横断歩道を渡りながら、隣の女の子達の会話が聞こえてきたら恥ずかしいけれど嬉しいだろうな、とか、そんなところから私は妄想を広げていくタイプかもしれません。
そして「見てんじゃねえよ」も、ある種あかねちゃんに対する独占欲と、赤く染まって色っぽいあかねちゃんを見られたくないこれまた独占欲の上塗りと。乱馬はあかねちゃんしか眼中にない証なので、全国放送で使っていただきました。よっ!敏腕ディレクター!笑。
あと、汗の素肌は試合で見せているからともかく、髪を下ろした乱馬は私も一瞬迷ったんです。でも解いた髪の毛に触れられるのはたった一人の存在ってなった時、それもまた世の女性は羨むかな、と。
つくづく乱馬とあかねちゃん二人だけの特別な関係に萌えるので、欲張りになってしまう自分がいます汗。
見てんじゃねえよと言われつつ、がっつり見ちゃうコメント主様…笑。
モブ女の子の「抱かれてみたい」発言でヤキモチに火がつくあかねちゃん。こんなモブ出演ならアリってことで、今後とも私のはてしない妄想にまたのんびりお付き合いください♡
ありがとうございました!
2018/11/25 Sun 19:03:35 URL
Re: お疲れさまでした! : koh @-
さ~コメント主様

この度はシリーズ最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
CM撮影の描写は実際1分でどのくらい動いたら呼吸を整えるのにインターバルを挟んで…とタイマー片手に書いていたので、爽快感と言っていただき感激です^^。
乱馬といったらやっぱり黒のタンクトップですよね。そして紅つばさ編での変身シーンや、浴槽から上着を肩にかけて立ち上がるあの無駄にカッコいい(笑)シーンが私も強烈にイメージで残っていたので、そうそう!と思わず膝を手で叩いてしまいました。
話は変わり、乱馬って予め台詞が用意されていたら上手く喋れないか、それともやたらナルシストになってしまうかの二択のような気がしちゃって。(←そこそこ失礼なことを言っている)
だからこそ、素の「見てんじゃねえよ」を使ったディレクターさんGood Jobです。
その音を使うがために後編序盤で長々と機材について質問させた甲斐がありました笑。
そして1年と数か月後、一体なにが……??
二次創作の中でも社会人編って超絶パラレルなのですが、でもこうして幸せな2人の姿を妄想していると楽しくてネタは尽きません^^。
それだけに原作に沿ってあれだけキュンとさせられるコメント主様はすごいです////。
イラストは、その……も、もっと練習したいところなんですが、なかなか時間が。(言い訳)
オマケというには烏滸がましい代物ですが、一緒に楽しんでいただけたら嬉しいです。
この度はご丁寧なコメントありがとうございました!
2018/11/25 Sun 19:16:47 URL
No title : ねちゃこ @dFEbLuBQ
わ〜んkohさん!!ものすっっご〜くカッコ良かったです〜( ;∀;)リアルな設定から映像が目の前に浮かぶようでした(≧∀≦)恋愛では多少のズレがある二人でも、闘いでは阿吽の呼吸ですもんね!舞うように闘う二人の姿、想像して震えちゃいました!!撮影が三人だけでってのも素敵です(*⁰▿⁰*)きっと二人だけの空間でしか出せない雰囲気ってのがあるんでしょうね〜、そこに入る事が許されたぴーすけくんが羨ましすぎでした( ;∀;)最後のイラストまでもがカッコいい!!もう完璧か!!!自分の乱あちゃんと比べてしまい、あまりの高低差に耳がキーンとなるほどでしたよ(≧∀≦;)カッコいいづくめの素敵なお話ありがとうございました!!語彙力なくて申し訳ないですが、とにかく最高!!とお伝えしたいです(*≧∀≦*)
2018/11/30 Fri 00:02:39 URL
Re: No title : koh @-
ねちゃこさん

この度はお忙しい中、お付き合いいただきありがとうございました!
パラレルゆえの社会人編、思いきり趣味に走って楽しんでしまいました。後悔はありません笑。
普段はあかねちゃんの日常を脅かさないよう我慢を重ねているからこそ、せめてこの一瞬だけは……っていう思いがまさかの延々繰り返されるCMだったという……。想像すると萌えません??
それにしてもぴーすけ君めっ、私もその場に立ち合いたかったです。
絶対いい表情してたと思うんですよねえ。
なんだか勢いだけでガーッ!と書いたお話だったのですが、思いのほか反響をいただいてありがたい限りです。時々妙に二人の格闘(もしくは運動神経がいいところ)を書きたくなっちゃうんです。
イラストはその、理想に現実が周回遅れも甚だしいくらいに追いついていないのですが、これはこれで汗。
一度創作しだすと楽しくて止まらなくなるので、またのんびりお付き合いください^^。
ありがとうございました!
(私こそ、ねちゃこさんの描かれるお互いまっしぐらな乱あが大好きです♡)
2018/11/30 Fri 16:57:34 URL
楽しかったー・・・!! : 憂すけ @-
何がって分かりますよね!?yes!!あの撮影シーンの躍動感!!映像で見たいと切望中のあたしです♡
仕事が明けた今日!やっと怒涛の流れで拝読させて頂けましたー!!
あたしの好きなぴーすけ君シリーズでの記念作品!!何て嬉しいのでしょう!!
リクエストして下さった方に、あたしからも勝手に心からの感謝を送らせて下さい!<(_ _)>

2人の間には駆け引きも、言葉もいらないのかもしれません。
乱馬の向こうを張れるのも、あかねちんの相手を真っ向から務められるのも、お互いしかありえない。とってもとっても爽快なスカッとするお話を!そして最後までニヤッとしてしまう素敵な2人を有難うございます!ナイスアシストなぴーすけ君にも「グッジョブ!」を贈らせて下さい!!( *´艸`)
2018/12/11 Tue 13:43:48 URL
Re: 楽しかったー・・・!! : koh @-
憂すけさん

ありがとうございます。憂すけさん、きっとこのお話お好きだろうなぁと勝手に思ってました笑。
なにより私自身がとっても楽しくて。
実は今までリクエストって少し構えてしまっていたというか、もしも期待に応えられなかったらどうしようって思うと募集できなかったんです。
だけどいざお題をいただくと、自分では想像もしなかった発想が新鮮だったり。
大人になってアレやだコレやだと言いにくくなっても大事にするところは大事にして、楽しむところは楽しんで。そんな感じでずっと阿吽の呼吸を分かち合えるのはこの二人ならではですよね^^。
CM撮影の描写は自分でもびっくりするほどイメージが頭の中ではっきりしていて、早く早く、このイメージを文字にしないとどんどん二人が先に行っちゃう!って焦りを感じながら書いていました。
そしてやっぱりぴーすけ君はナイスでグッドな奴なのです^^♡
2018/12/11 Tue 21:11:28 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する